• 高松市の読解トレーニング読みトレ

速聴で名作を読む【読書作文教室】

速聴って何?

みなさんは速聴って聞いたことがありますか?

簡単に言えば高速で音声を聞く事により、「頭がよくなるトレーニング」の事です。

高速で音声を聞く事により、大脳の言語中枢である「ウェルニッケ中枢」を刺激し、脳を活性化していろいろな潜在能力を呼び起こす脳力開発トレーニングです。

「速聴」によって脳全体が活性化されていく作用を、「汎化作用(はんかさよう)」と呼んでいますが、その汎化作用により「学習処理能力」を大きく向上させるということがわかっています。

そこでシオンでは学校の勉強だけにとどまらず、脳力開発トレーニングとして速聴に取り組んでいます。

速聴を行うメリットとは

速聴をすることによって何が変わるのでしょうか。

まず大きなメリットは「情報処理能力の向上」があげられます。例えば音声を3倍の速度で聞き取ることができるようになれば、情報処理能力も3倍上がります。言い換えれば、それだけ脳が活性化しているということです。

脳トレでおなじみの東北大学の川島教授らの共同研究では速聴時のほうが被験者の脳の前頭葉が活性化するという結果が得られています。

また、集中力を高める訓練にも効果があるといわれています。速聴中は聴き取ることに意識を向けるので、集中力を高める訓練にもなるというのも、見逃せないポイントです。

速聴で不朽の名作を読む

子どもたちの読書離れについては毎年話題になっていますが、その対策について講じられることはありません。

一般的に、学力が高く落ち着きのある児童の大半は、幼稚園の頃より読書の量が多かったという発表がされており、幼児期から読書の習慣を身に付けることでIQ(知識)よりもEQ(情操)を身に付け、落ち着きのある子どもになることが期待できます。

また、高校生・大学生・社会人になると、膨大な量の参考書や、関連書籍などを読む必要性が出てきます。

今回、速聴プログラムに取り上げられている教材は不朽の名作と呼ばれる名著ばかり。

例えば太宰治や夏目漱石、芥川龍之介といった子どもたちにもぜひ手に取ってもらいたい作品がずらり。

「走れメロス」なら普通に読めば30分以上かかる作品ですが、3倍速以上の速聴なら10分以内に読み終えることができます。

速聴を取り入れることで、数多くの作品に出合えることも魅力の一つです。

自己表現力を高めます

読書作文教室では、読書の楽しさを味わうだけでなく、自己表現力の向上にも力を入れていきます。

入試や学校生活だけでなく、SNSやブログなどの情報発信、仕事におけるプレゼンなど自分の考えを他者に表現する場面が以前に比べ多くなってきました。

今回、子どもたちに文を書く楽しさをたくさん味わってもらうために、専用教材を使った作文指導にも力を入れています。

「ことば集め」「文字ならべかえパズル」「ハイパーしりとり」などを通じ、子どもたちが自然に言葉に親しみ、文章を書きたくなるように、さらに、「なりきり作文」や「ほらふき日記」などを通じ、「書くことが楽しくてたまらない」という気持ちを高めていく仕組みがたくさん盛り込まれた内容となっています。

次のような方におすすめです!

速聴は次のような人におすすめです。

▼集中力を高め、勉強の効率をアップさせたい。
▼記憶力を高め、試験に合格したい。
▼人生を豊かに、楽しんで暮らしたい。
▼頭の回転を早くしたい。
▼英語のリスニングを高めたい。
▼子供のIQとEQを高める教育をしてあげたい。
▼認知症を予防したい。
▼受験対策を立てたい。

年齢問わず利用可能です。

読書作文教室について

対象学年

小1~小6

受講料

入会金 10,000円

授業料 2500円/月(4回) 5000円/月(8回)

ID利用料 1000円/月

  • エジソンクラブ・小学生コース受講生は入会金は不要です
  • ご自宅で利用することも可能です。その場合はご家族みなさんでご利用できます。

体験授業について

体験授業については随時承っております。

ご希望の日時がございましたら、下のフォームよりお問い合わせください。

o4

タイトルとURLをコピーしました