今年も残すところ1か月。

年末年始の準備は進んでいるでしょうか?

年が明ければ、入試や、学習の診断、学年末テストと重要なテストが続きます。

この長期休暇をどう過ごすかによって結果も変わってきます。

冬休みからしっかりと準備を整えていきましょう!

中3は「第5回学習の診断対策講座」

中学3年生にとってはとても大切な冬休み。

休み明けは私立高校入試が始まります。

今回の入試を占う意味でも、冬休み明けの「学習の診断」はとても重要です。なぜなら「志望校を決定するための重要な資料」となるからです。

「学習の診断」の結果次第で志望校が大きく変わる可能性もあります。

この学習の診断に全力で取り組むために冬休みは実践的な問題にしっかりと取り組んでいきます。

中1・2は3学期先行授業&診断対策

中1・2は3学期の先行授業と診断対策授業を実施します。

年に1度の診断テストに向けて、1年間の総復習を実施していく予定です。

また、診断テスト向けの実践的な問題に取り組むによって、応用力や実践力をつけていきます。

 

小学生は「検定チャレンジ講座」

小学生は1月に行われる「漢字検定・算数検定」に向けて「検定チャレンジ講座」を実施していきます。

検定の過去問や専用テキストを使って勉強を進めることで合格に一歩近づくことが可能です。

いろいろな行事を控え、つい勉強のことをおろそかにしがちな冬休みこそ計画的に目標を持って勉強することをお勧めします!

なお、各種検定の申し込みは12/7までとなっております。

検定をお考えの方はお早めにお申し込みください

お申し込みはこちら